Go to Contents Go to Navigation

ファイザー製ワクチン29.7万回分 21日に韓国到着

記事一覧 2021.05.20 14:39

【ソウル聯合ニュース】韓国の汎政府ワクチン導入タスクフォース(TF)は20日、新型コロナウイルスワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」を通じて供給される米ファイザー製のワクチン29万7000回分が21日に韓国に到着すると発表した。

今月19日に仁川国際空港に到着したワクチン=(聯合ニュース)

 製薬各社との契約やCOVAXを通じ、現在までに韓国に供給された新型コロナワクチンは21日の到着分を含め計823万回分で、政府は6月までにあと1009万回分の供給を受ける予定だ。

 今回供給されるファイザー製のワクチンは同社のベルギー工場で生産されたもので、4月から実施している75歳以上の高齢者への接種に使われる。

 食品医薬品安全処はこの日、ベルギーで生産されたファイザー製ワクチンの緊急使用を承認した。同じメーカーのワクチンであっても、製造場所が異なれば別に使用許可が必要になる。

 権徳チョル(クォン・ドクチョル)TFチーム長(保健福祉部長官)は「通関手続きや運送をできる限り迅速に行い、COVAXのファイザー製ワクチンが予防接種に円滑に使用されるようにしたい」と話している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。