Go to Contents Go to Navigation

アストラ製の接種者に別のワクチン 韓国で治験実施へ

記事一覧 2021.05.20 16:21

【ソウル聯合ニュース】異なる種類の新型コロナウイルスワクチンを1回ずつ接種するワクチン併用に対する各国の研究が進むなか、韓国政府も近く同様の臨床試験(治験)に着手する。政府の中央防疫対策本部のイ・ユギョン・ワクチン接種分析チーム長が20日の会見で明らかにした。

新型コロナワクチン=(聯合ニュースTV)

 治験は英アストラゼネカ製の新型コロナワクチンを1回接種した人を対象に、米ファイザー製品など国内で許可されている別のワクチンを接種する形で行われる。対象者は400~500人程度になるという。

 イ氏は、試験の結果は予防接種の安全性と効果を高める方法を探るための基礎資料として活用される予定だと説明した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。