Go to Contents Go to Navigation

[韓流]4月の映画観客数 前年比163%増=韓国映画が善戦

記事一覧 2021.05.21 11:17

【ソウル聯合ニュース】韓国映画振興委員会が21日公表した資料によると、4月の映画館の観客動員数は256万人で、集計開始以来最低を記録した前年同月(97万人)に比べ163.4%増加した。

韓国映画「SEOBOK/ソボク」のワンシーン(配給会社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ただ、4月は例年閑散期で、新型コロナウイルスの影響により米マーベルなどハリウッドの大作映画の封切りがなく、前月比では21.3%(69万人)減少した。

 今年1、2月にディズニー&ピクサーのアニメ映画「ソウルフル・ワールド」と日本のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が、3月には米国映画「ミナリ」がヒットしたことで大幅に落ち込んでいた韓国映画のシェアは、多少回復した。

 「SEOBOK/ソボク」をはじめ、「●山魚譜(●は玄+玄)」「明日の記憶」「雨とあなたの物語」(全て原題)などの作品が3月末から公開され、4月の韓国映画の観客数は前月比185.8%増の111万人、シェアは31.5ポイント上昇した43.4%を記録した。

 韓国映画の観客数が100万人を超えたのは、昨年11月以来5カ月ぶり。

 映画館と動画配信サービスのTVINGで同時公開された「SEOBOK/ソボク」は、観客動員数37万人を記録して4月の興行1位となった。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。