Go to Contents Go to Navigation

韓米首脳会談 米朝対話・南北協力の新たな契機に=韓国統一相

記事一覧 2021.05.21 14:32

【ソウル聯合ニュース】韓国の李仁栄(イ・イニョン)統一部長官は21日、ソウル郊外の国際展示場、KINTEXで開かれた「DMZ(非武装地帯)フォーラム」で祝辞を述べ、22日(日本時間)に開かれる韓米首脳会談について、「朝米(米朝)対話と南北協力の新しい環境がつくられ、朝鮮半島平和プロセス再開の時間表を早める契機になることを望む」と強調した。

フォーラムで祝辞を述べる李氏=21日、高陽(聯合ニュース)

 また、「米国の対北政策の検討が終わり、朝鮮半島は再び平和の歴史を前進させなければならない機会の道に立っている」とし、「朝鮮半島で始まる平和が全世界の和解と協力に向けた強力なメッセージを発信できると信じる」と述べた。

 北朝鮮との軍事境界線があるDMZについては、「DMZの特殊性とさまざまな価値を考慮しながらもDMZの平和的な利用のためのシステムをつくる」との考えを示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。