Go to Contents Go to Navigation

コロナワクチン2回接種後に感染 韓国内で初確認

記事一覧 2021.05.21 16:30

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスのワクチン接種を完了したにもかかわらず感染する「ブレイクスルー感染」が初めて確認された。

ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団のパク・ヨンジュン異常反応調査支援チーム長は21日、オンライン定例会見で「国内で接種した事例のうち、ブレイクスルー感染の定義に当てはまる事例が1件確認された」と明らかにした。感染が確認されたのは3月と4月の計2回、米ファイザー製ワクチンの接種を受けた20代の医療従事者で、5月上旬に出席した集まりで感染したと推定されている。

 パク氏は「2回の接種を終えても感染することがまれにあるため防疫規則を順守する必要がある」と強調した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。