Go to Contents Go to Navigation

サムスンなど韓国企業が米で4兆円投資 半導体やバッテリー事業など

記事一覧 2021.05.22 06:57

【ワシントン聯合ニュース】サムスン電子など韓国の主要企業は21日(米東部時間)、米商務省が開いた韓米両国の政府関係者、企業経営者らが参加する会議で、計44兆ウォン(約4兆円)規模を米国に投資すると発表した。会議には首脳会談のため訪米した文在寅(ムン・ジェイン)大統領も出席した。

米テキサス州オースティンにあるサムスン電子の半導体工場(サムスン電子提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 サムスン電子は半導体受託生産(ファウンドリー)新工場の建設に170億ドル(約1兆8500億円)を投資すると表明した。バッテリー分野のLGエナジーソリューションとSKイノベーションは、車載電池を生産する合弁会社などを設立するなど約140億ドル規模を投資。現代自動車は電気自動車(EV)生産や充電インフラ拡充に74億を投じる。SKハイニックスは10億ドルをかけ、研究開発(R&D)センターを設立する。

 一方、韓国の主要企業は会議で、半導体を含む情報通信技術(ICT)産業やバッテリー、電気自動車などの分野で北米市場が重要であることを強調し、米との協力で市場を拡大するとともに、新技術を確保すると意向を表明した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。