Go to Contents Go to Navigation

文大統領 バイデン氏が「サプライズ」=ワクチン支援・北担当特別代表任命

記事一覧 2021.05.23 10:04

【ソウル聯合ニュース】米国を公式訪問していた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日、前日行ったバイデン米大統領との首脳会談の結果について「この上なく良かった。期待以上だった」と交流サイト(SNS)に投稿した。バイデン氏が新型コロナウイルスワクチンの直接支援や、ソン・キム米国務次官補代行(東アジア・太平洋担当)の北朝鮮担当特別代表任命を発表したことを、「サプライズの贈り物」と評した。

握手する文大統領(左)とバイデン大統領=21日、ワシントン(聯合ニュース)

 文氏は「ワクチンパートナーシップに続き、ワクチンの直接支援発表はまさにサプライズの贈り物」とし、韓米同盟を重視したものだと説明した。バイデン氏は首脳会談後の共同記者会見で、韓国軍55万人にワクチンを提供すると発表した。

 また、バイデン氏がソン・キム氏の北朝鮮担当特別代表任命を発表したことについて、「記者会見直前に知らされた」とし、「人権代表を先に任命するとの観測が大勢だったが、北との非核化交渉をより優先するとの姿勢を示したもの」と評価した。

 さらに、「コロナ以降、最初の海外訪問で、最初のノーマスク会談となり、とても気分が良い」と記した。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。