Go to Contents Go to Navigation

モデルナ製ワクチン5万5千回分 31日に韓国到着

記事一覧 2021.05.24 14:07

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央事故収拾本部の孫映レ(ソン・ヨンレ)社会戦略班長は24日のオンライン会見で、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン5万5000回分が31日に韓国に到着すると明らかにした。

モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン(イラスト)=(聯合ニュース)

 孫氏は、食品医薬品安全処の認可を経る必要があり、接種までには時間がかかると説明した。

 モデルナのワクチンが認可されれば、英アストラゼネカ、米ファイザー、米ヤンセンファーマのワクチンに続いて韓国では4番目となる。

 食品医薬品安全処は21日、外部の専門家が出席する最終点検委員会を開いて安全性と効果を検討し、臨床試験(治験)の最終結果報告書を提出する条件で品目許可を行った。

 モデルナのワクチンは、ファイザーと同じRNAワクチンと呼ばれるタイプ。感染予防効果が90%以上と高い上に迅速な開発が可能で、次世代のワクチンとして注目されている。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。