Go to Contents Go to Navigation

駐日韓国大使 天皇に信任状奉呈=「関係発展に最善」

記事一覧 2021.05.24 14:16

【東京聯合ニュース】韓国の姜昌一(カン・チャンイル)駐日大使が24日、天皇に信任状を奉呈した。

姜昌一大使(在日韓国大使館提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 在日韓国大使館によると、姜氏は同日午前、皇居で天皇に信任状を提出。文在寅(ムン・ジェイン)大統領のあいさつを伝えるとともに両国関係を一層高い水準に発展させるため最善を尽くすと抱負を語った。

 同大使館は「姜昌一大使は今後、日本内で『駐日本大韓民国特命全権大使』資格のすべての外交活動が可能となる」と説明した。

 姜氏の信任状奉呈は前任者に比べ、やや遅くなった。南官杓(ナム・グァンピョ)前大使は赴任から11日後に信任状を奉呈した。南氏以前は通常、赴任から30~50日後に信任状奉呈が行われた。

 姜氏は当初、先月8日に信任状を提出する予定だったが、足を痛めたため延期になったもようだ。

 同氏は1月22日に着任。2月12日に外務省に信任状の写しを提出し、大使としての活動を始めた。

 駐日韓国大使は着任後、首相や外相と面会するのが慣例となっているが、姜氏と菅義偉首相、茂木敏充外相との面会は実現していない。信任状奉呈を受け、菅氏、茂木氏との面会が実現するか注目される。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。