Go to Contents Go to Navigation

国民の半数以上が最低賃金の引き上げ希望 据え置き4割=韓国調査

記事一覧 2021.05.24 14:57

【ソウル聯合ニュース】韓国の2022年度(1~12月)の最低賃金について、国民の半数以上が引き上げを求めていることが24日、分かった。

高くすべきとの回答は合わせて50.3%、「据え置く必要がある」は39.7%だった(韓国社会世論研究所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国社会世論研究所が21~22日に全国の18歳以上の男女1009人を対象に調査した結果、回答者の50.3%は、最低賃金について「引き上げが必要」と答えた。

 具体的には「少なくとも今年の物価上昇率より(引き上げ率を)高くすべき」が27.1%で、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の公約通り、時給1万ウォン(965円)程度にすべき」が23.2%だった。

 一方、「据え置く必要がある」は39.7%で、「よく分からない」は10.0%だった。

 韓国の2021年度の最低賃金は時給8720ウォン。文大統領は20年までに最低賃金を1万ウォンに引き上げるという公約を掲げていたが実現しなかった。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。