Go to Contents Go to Navigation

SKグループ 日本専門投資法人設立へ=4社が計400億円出資

記事一覧 2021.05.25 20:09

【ソウル聯合ニュース】韓国のSKグループが日本への投資を専門にする投資法人「SK Japan Investment」(仮称)を設立することが25日、分かった。

SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長(資料写真)=(聯合ニュース)

 半導体・ディスプレー素材メーカーのSKマテリアルズ、化学メーカーのSKC、半導体素材メーカーのSKシルトロンの3社が法人設立のためにそれぞれ100億円を出資するという。

 SKグループの投資専門持株会社であるSK株式会社も同じ金額を出資して法人設立に参加する予定で、4社が25%ずつ株式を保有する構造になる。

 設立される法人は今後、ESG(環境・社会・企業統治)分野をはじめ、多様な事業に投資を行う計画だ。

 SKグループはこれに先立ち、米国、中国、東南アジアに投資法人を設立しグローバル協力モデルの構築を開始した。

 SKグループ関係者は「投資が決定している事業はないが、環境などESG分野を中心にビジネスチャンスを探し、財務的投資を検討する予定」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。