Go to Contents Go to Navigation

ワクチン優先接種のエッセンシャルワーカー 対象拡大へ=韓国 

記事一覧 2021.05.26 09:25

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は26日、日常生活の維持に欠かせない仕事に従事するエッセンシャルワーカーについて、新型コロナウイルスワクチンの優先接種の対象を拡大することにした。優先接種の対象として接種計画を実施しているのは現在、医療従事者や高齢者・障害者の介護・看護従事者など一部にとどまっている。

ワクチン接種の様子(資料写真)=(聯合ニュース)

 政府はエッセンシャルワーカーの保護・支援策を講じるため、昨年10月に関係官庁によるタスクフォース(特別チーム)を立ち上げている。エッセンシャルワーカーには医療従事者、高齢者・障害者の介護・看護従事者のほか、宅配・配達員、環境美化・清掃員なども含まれる。

 タスクフォースはこの日の会議で、ワクチン優先接種の対象を拡大する方針を固めた。具体的な対象は、関係官庁間の協議と予防接種専門医委員会の審議を経て、各職種の年齢層や不特定多数との接触頻度などを総合的に考慮した上で決定する。 

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。