Go to Contents Go to Navigation

韓国のTOEIC平均点683点 フィリピンに次ぎアジア2位

記事一覧 2021.05.26 14:01

【ソウル聯合ニュース】韓国で昨年、英語能力テスト「TOEIC」を受験した人の平均点は683点で、世界12位、アジア2位だったことが、26日分かった。

韓国のTOEIC受験者の平均点がアジア2位を記録した=(聯合ニュースTV)

 韓国TOEIC委員会によると、昨年のTOEIC実施国32か国・地域の受験者の成績を分析した結果、韓国の受験者の平均点は前年から5点上がり、12位を記録した。

 TOEICの平均点はドイツの826点が最も高く、2位がフィリピン(773点)、3位がチュニジア(750点)、4位がコスタリカ(749点)、5位がチリ(745点)だった。

 アジアでは韓国がフィリピンに次いで2位だった。

 世界のTOEIC受験者を年齢別にみると、21~25歳が43.1%で最も多く、20歳以下(20.7%)、26~30歳(16.8%)と続いた。

 受験目的は就職が29.3%で最も高く、学習方向の設定(26.1%)、卒業するため(23.7%)などの順だった。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。