Go to Contents Go to Navigation

有事作戦統制権の移管 「条件が熟すよう対話に努める」=文大統領

記事一覧 2021.05.26 16:29

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、青瓦台(大統領府)で開いた与野党5党の代表との会合で、米軍主導の韓米連合軍が持つ有事作戦統制権の韓国軍への移管を巡り「移管の条件が熟すよう点検し、対話に努める」と述べた。与党「共に民主党」の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表が、有事作戦統制権を条件を満たせば移管する形から期限を決めて移管する形に改めるべきだと指摘したことに答えた。同党の報道官が伝えた。

会合で発言する文大統領=26日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は、過去に韓国側が移管の延期を要請したことなども考慮する必要があると説明した。また、移管に向けて韓米間で調整・点検すべきことがあるが、新型コロナウイルス流行の影響もあって迅速に進まないとしながら、「韓米間で緊密に議論していきたい」と述べた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。