Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 国産衛星測位システム開発へ米国と協力=共同声明に署名

記事一覧 2021.05.27 14:58

【ソウル聯合ニュース】韓国科学技術情報通信部と外交部は27日、米国務省と商務省の宇宙ベースPNT国家調整事務局と「韓米衛星測位協力共同声明」の署名式を行ったと発表した。

テレビ会議形式で行われた署名式の様子(科学技術情報通信部提供)=(聯合ニュース)

 今回の共同声明は、先週開催された韓米首脳会談の結果を受けて実現した。両国はこれに先立ち、韓国型測位システム(KPS)の開発に合意した。 

 韓国は2035年の構築完了を目標にKPSを開発している。国産測位衛星7基を打ち上げ、独自の測位システムを構築するのが目標だ。

 KPS開発事業については現在、国家財政法に基づいて予算投入に先立ち実施する予備妥当性調査が行われており、調査を通過すれば2022年から開発に入る。

 韓国政府は、衛星測位分野の技術と経験が豊富な米国との協力を推進してきた。

 共同声明にはKPSと全地球測位システム(GPS)の共存性確保のための信号設計協力、GPSや他の測位システムとKPSとの相互運用性強化、KPSに関する議論を行う2国間会合の推進など、協力に関する具体的な内容が盛り込まれている。

 科学技術情報通信部の辛再植(シン・ジェシク)巨大公共研究政策課長は「共同声明への署名は(米国主導で宇宙探査や宇宙利用に関する基本原則を定めた)アルテミス合意への参加とともに韓米首脳会談の宇宙分野の成果に対する具体的な措置だ」とし、「今後、わが国の宇宙分野への投資拡大と民間宇宙産業の活性化にも大きく寄与する見通しだ」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。