Go to Contents Go to Navigation

韓米首脳会談の後続措置を滞りなく履行へ 韓国NSC

記事一覧 2021.05.27 19:53

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は27日、徐薫(ソ・フン)国家安保室長主宰の国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、21日(現地時間)に米ワシントンで開かれた韓米首脳会談の後続措置の履行などについて協議した。

共同記者会見で質問に答える文大統領(左)とバイデン大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 青瓦台によると、NSC常任委は韓米首脳会談が成功裏に行われ、韓米同盟がこれまでの安保同盟を超え、包括的・互恵的なグローバル同盟に格上げされたと評価した。

 会議では韓米首脳会談の分野別の後続措置を支障なく履行していくことを確認した。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領とバイデン大統領は今回の会談で、朝鮮半島平和プロセスを進展させるための共感を形成したほか、韓国軍のミサイルの射程などを制限するミサイル指針の撤廃、新型コロナウイルスのワクチン協力、半導体やバッテリーなど中核産業のサプライチェーンを巡る協力強化などで合意した。

 またNSC常任委は30、31両日にオンラインで開催されるグリーン成長とグローバルゴールズ2030のためのパートナーシップ(P4G)首脳会議(P4Gソウルサミット)の準備状況を点検し、同首脳会議を機に炭素中立(カーボンニュートラル)のビジョン実現のために国際社会と協力していくことを確認した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。