Go to Contents Go to Navigation

韓日関係改善へ米国が圧力強める可能性 対応策必要=韓国研究機関

記事一覧 2021.05.28 16:57

【世宗聯合ニュース】韓国政府系シンクタンクの対外経済政策研究院(KIEP)は28日、先週の韓米首脳会談に関する報告書を公表し、今後は韓日関係の改善などに対する米国からの圧力が強まる可能性があるため対応策が必要だと指摘した。

米ワシントンでの首脳会談後、共同記者会見する文在寅(ムン・ジェイン)大統領(左)とバイデン米大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 報告書は首脳会談の内容や主要国の反応を分析し、今後の見通しをまとめたもの。

 報告書は、首脳会談では韓米日協力の重要性が強調され、台湾海峡や南シナ海など中国が敏感に反応する問題が取り上げられたと説明。その上で「この先は韓日関係の改善と域内の安全保障面での役割向上に対する米国からの圧力が強まる可能性がある」とし、対応策を講じるべきだと指摘した。

 会談の共同声明で示された対北朝鮮政策に関しては、「北への配慮と米国の外交的戦略が同時に盛り込まれた」と評価し、これを土台に米朝の非核化交渉再開と連動する形で南北関係も徐々に改善する可能性があると期待を示した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。