Go to Contents Go to Navigation

文大統領 23年「気候変動枠組条約締約国会議」誘致を推進

記事一覧 2021.05.30 18:19

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、テレビ会議形式で開催されるグリーン成長とグローバルゴールズ2030のためのパートナーシップ(P4G)首脳会議(P4Gソウルサミット)の開幕演説で、2023年の第28回気候変動枠組条約締約国会議(COP28)の誘致を推進すると述べた。また、韓国は国際社会の気候変動危機を乗り越えるため、積極的に対応すると表明した。

P4Gソウルサミットで開幕演説を行う文大統領=30日、ソウル(聯合ニュース)

 気候変動枠組条約の締約国会議は、地球温暖化対策のための年次国際会議で、現在、韓国の地方自治体はCOP28の誘致に乗り出している。

 文大統領は「(韓国は)今後、開発途上国と先進国の橋渡し役として責任と役割を果たす。2025年までに気候・グリーン政府開発援助(ODA)を大幅に増やし、(環境に配慮した経済回復を目指す)グリーンリカバリーが必要な途上国を支援する」と強調した。

 さらに、P4Gの持続可能な運営に向け400万ドル(約4億4000万円)規模の基金を供与し、グリーン成長プロジェクトの拡大に寄与するとした。

 今回のP4Gサミットについては、「持続可能な世界という共同の目標に向け進む。人類の歴史が共存の歴史に転換することを期待する」と述べた。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。