Go to Contents Go to Navigation

余ったワクチン 過半数が「接種受ける意向ある」=韓国世論調査

記事一覧 2021.05.31 09:53

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社、リアルメーターが31日に発表した調査結果によると、委託医療機関で予約キャンセルなどで余った新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける意向があるかどうかについて、51.4%が「意向がある」と答えた。「意向がない」は30.0%だった。

余った新型コロナウイルスワクチンの接種について、51.4%が「意向がある」と答えた(リアルメーター提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 調査はニュース専門テレビ局YTNの依頼を受け、28日に全国の18歳以上の500人を対象に実施された。

 居住地域別では、釜山市、蔚山市、慶尚南道で「意向がある」が56.3%と「意向がない」(19.2%)より高かった。光州市、全羅道でも「意向がある」(54.9%)が「意向がない」(22.3%)を大きく上回った。

 一方、大邱市、慶尚北道では「意向がある」が46.8%、「意向がない」が42.6%と拮抗(きっこう)した。 

 年齢層別では与党「共に民主党」支持層が優勢とされる40代で「意向がある」が63.4%と比較的高く、60代(56.8%)と50代(57.8%)でも「意向がある」が半数を超えた。

 一方、20代では「意向がある」(48.0%)と「意向がない」(45.5%)が同程度となり、「全く意向がない」も32.5%と全体の平均(15.1%)より2倍以上多かった。

 支持政党別では、共に民主党の支持層の67.3%が「意向がある」と答えた半面、最大野党「国民の力」の支持層は「意向がある」が40.8%、「意向がない」が39.8%と意見が割れた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。