Go to Contents Go to Navigation

30歳未満の将兵約41万人 6月7日からワクチン接種開始=韓国

記事一覧 2021.05.31 15:12

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の夫勝チャン(プ・スンチャン)報道官は31日の定例会見で、30歳未満の将兵41万4000人に対する新型コロナウイルスワクチンの接種について、「来週(6月7日)から計画しており、基本的にファイザー製ワクチンの接種が行われる」と明らかにした。

30歳以上の将兵へのワクチン接種が始まった4月28日、海軍潜水艦司令部で問診表を作成する将兵(国防部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 国防部は同日、国会国防委員会に提出した懸案報告資料で、「6~7月中にファイザー製のワクチンを接種する」としており、7月までに1回目の接種が終わるとみられる。

 接種を希望した30歳以上の将兵約11万6000人(接種対象者の88.1%)に対しては英アストラゼネカ製ワクチンで1回目の接種を終えている。

 一方、国防部は米国が韓国に提供する米ジョンソン・エンド・ジョンソンの製薬部門、ヤンセンファーマのワクチン100万人分については、6月中、30歳以上の予備役兵や国防・外交関係者のうち、希望者を対象に接種を行うと明らかにした。ヤンセンファーマのワクチンは1回の接種で済む。国防・外交関係者には現役幹部や軍務員と同居中の30歳以上の家族のほか、国防部や防衛事業庁、兵務庁、国防科学研究所などに勤務する公務員、軍部隊に出入りする業者らが含まれる。

 徐旭(ソ・ウク)国防部長官は国会でヤンセンファーマの輸送について、「空中給油輸送機(KC330)が水曜日(2日)に出発し、土曜日(5日)に到着する」と答弁した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。