Go to Contents Go to Navigation

シネコン大手3社 ワクチン接種でチケット割引=韓国

記事一覧 2021.06.01 11:18

【ソウル聯合ニュース】韓国上映館協会は1日、シネマコンプレックス(複合映画館)のCGVとロッテシネマ、メガボックスが同日から月末まで、新型コロナウイルスのワクチン接種を促進するキャンペーンを実施すると発表した。ワクチン接種を終えた人を対象に、映画の鑑賞料金を大幅に割り引く。

新型コロナワクチンの接種が進んでいる。政府は1日から、接種を受けた人を対象にインセンティブを提供する(イラスト)=(聯合ニュース)

 これらの劇場にワクチン接種済みの証明書や確認書などを持参した観客は、同伴者1人も含め優待料金で映画を鑑賞できる。優待料金は劇場により異なるが、5000~6000ウォン(約490~590円)で一般料金の半額以下となる。2回のワクチン接種のうち1回目しか終えていない人も対象。

 上映館協会のイ・チャンム会長は「ワクチン接種に多くの国民が賛同し、以前のような平凡な日常に一日も早く戻れることを願う気持ちからキャンペーンを準備した」と説明。「映画館は比較的安全な空間であることが確認されてはいるが、より多くの観客が劇場で映画を鑑賞して楽しい余暇を過ごせる日がくることを待ち望む」と言い添えた。

 映画館は新型コロナの感染拡大で深刻な打撃を受けているが、このところ持ち直しの動きもみられる。現在は本国の米国に先駆け5月19日に公開されたカーアクション「ワイルド・スピード」シリーズ第9弾「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」と、米ディズニー実写映画「クルエラ」が人気を集めている。

 6月はホラーやアニメーション、ミュージカルなど多様なジャンルの海外作品のほかに、韓国映画では俳優チョ・ウジン主演のスリラー「発信制限」(原題)や「女校怪談」シリーズの新作などが封切りを控えている。

新型コロナにより映画館は厳しい状況が続いている。5月12日、事業活動の正常化を求めて記者会見を開いた業界関係者=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。