Go to Contents Go to Navigation

COVAXの北朝鮮ワクチン提供 「予想より遅くなる」=韓国統一部

北朝鮮 2021.06.01 13:18

【ソウル聯合ニュース】韓国の統一部当局者は1日、新型コロナウイルスワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」が北朝鮮にワクチンを提供する時期について、「ワクチン支援のための協議は進められている」と述べた。

平壌の歯科衛生用品工場での防疫作業(資料写真)=(聯合ニュース)

 同当局者は「ワクチン支援を希望する国は接種計画をはじめ、さまざまな協議を行い、関連資料も提出しなければならない」として、「当初、COVAXは5月末ごろ第1次分のワクチンを北に提供できると発表したが、協議が遅れ、予想より遅くなるとみられる」と述べた。

 COVAXは3月、北朝鮮に199万2000回分を割り当て、170万4000回分を5月までに送る計画を明らかにしたが、北朝鮮はまだワクチンの提供を受けていない。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。