Go to Contents Go to Navigation

ギニア湾でまた海賊が韓国人拉致 漁船の船長ら4人

記事一覧 2021.06.02 08:45

【ソウル、ヨハネスブルク聯合ニュース】韓国外交部によると、5月31日午後7時半ごろ(現地時間)、西アフリカのベナン近海で韓国人船長ら36人が乗ったマグロ漁船が海賊の襲撃を受け、船長と韓国人船員3人、フィリピン人船員1人の計5人が拉致された。

西アフリカのギニア湾は海賊が頻繁に出没する。韓国当局は拉致などの危険性が特に高いエリアを「海賊高危険海域」、その周辺を「海賊危険海域」に指定している。〈1〉は5月19日、〈2〉は5月31日に韓国人が拉致された地点=(聯合ニュース)

 海事リスクコンサルタントの英ドライアドグローバルは同日にウェブサイトで、漁船「アイリスS」が襲撃を受けたと伝えた。ベナンのコトヌー港から約200キロの海上にいたところ、武装集団が快速ボート2隻で接近。乗組員の持ち物を強奪し、韓国人4人とフィリピン人1人を連れ去った。

 外交部当局者は「現地の韓国公館、関係当局で動向を綿密に把握、共有する一方で、必要な措置を取る予定だ」と述べた。

 西アフリカのギニア湾では、5月19日にもガーナの首都アクラ東の海上でマグロ漁船「アトランティック・プリンセス」が海賊に襲撃され、韓国人船長と船員の中国人3人、ロシア人1人が拉致されている。

 韓国海洋水産部によると、2020年に海賊に拉致された船舶乗組員は世界全体で135人に上る。このうち130人が西アフリカ海域で発生した事件だった。

 ドライアドグローバルは、今年に入りギニア湾では6件の海賊襲撃があり、61人の乗組員が連れ去られたと伝えた。 

赤色の十字が、5月31日に漁船から5人が拉致された地点(ドライアドグローバルのウェブサイトから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。