Go to Contents Go to Navigation

韓中日3カ国の説話をSF小説に 韓国でアンソロジー出版

記事一覧 2021.06.02 10:14

【ソウル聯合ニュース】韓国、日本、中国のSF作家が各国の説話を短編小説に仕立てたアンソロジー「7番目の月、7番目の夜」(原題、以下同じ)が韓国で出版された。

「7番目の月、7番目の夜」の表紙=(聯合ニュース)

 このアンソロジーには、韓国の作家7人と中国・中国系作家2人、日本の作家1人の計10人が参加した。

 中国系米国人の世界的SF作家、ケン・リュウは、七夕を素材にした表題作を執筆。中国の小都市・合肥を舞台に、別れを前にした恋人たちに起こる奇跡のような出来事を描く。

 日本の藤井太洋は奄美地方に伝わる説話を基にした「海を流れる川の果て」を書いた。日本独自のシャーマニズムとアニミズムが興味深く展開される。中国の王侃瑜の作品は、春節(旧正月)に現れる怪物の説話をベースにした「新年の物語」だ。

 韓国のクァク・ジェシク、ナム・セオ、ナム・ユハ、ホン・ジウン、イ・ヨンイン、ユン・ヨギョン、イ・ギョンヒはそれぞれ、南部・済州島の説話をベースにした短編小説を寄せた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。