Go to Contents Go to Navigation

文大統領が4大企業Gトップと会合 韓米首脳会談での役割に謝意

記事一覧 2021.06.02 15:23

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2日、国内4大企業グループ(サムスン、現代自動車、SK、LG)トップらを青瓦台(大統領府)に招き、昼食を兼ねた懇談会を開いた。4大企業グループの代表のみを招待して懇談会を開くのは就任後初めて。文大統領は先の韓米首脳会談の結果を共有し、より積極的に両国の経済協力に努めてほしいと求めた。

歓談する具光謨氏(左から)、崔泰源氏、文在寅大統領、鄭義宣氏、金奇南氏=2日、ソウル(聯合ニュース)

 懇談会にはSKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長、現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)会長、LGグループの具光謨(ク・グァンモ)会長、サムスン電子の金奇南(キム・ギナム)副会長が出席した。

 文大統領は「訪米の際、4大グループが一緒だったおかげで非常に良い成果があった」と満足感を示し、「韓米はこれまでも堅固な同盟だったが、一層幅が広がり、半導体、バッテリー、電気自動車(EV)など最先端の技術と製品で互いに不足した供給網(サプライチェーン)を補う関係へと包括的に発展した」と評価した。

 また、「米国が最も必要なパートナーとして韓国を選択し、4大グループも米国進出を大きく拡大する良い機会になった」と振り返った。

 特に、崔泰源氏に対し「(韓米の)ビジネスラウンドテーブルをはじめ、共同記者会見、ジョージア州の(SKイノベーションの)バッテリー工場視察まで、スケジュールを共にしてくれて非常に大きな力になった」と感謝の意を伝えた。崔氏は「両国の経済関係を一層活発化させていきたい」と応じた。

 先月下旬に米ワシントンで行われた韓米首脳会談の成果としては、新型コロナウイルスのワクチン協力、半導体やバッテリーなど中核産業のサプライチェーンを巡る協力強化などが挙げられている。4グループは会談に合わせ米国で計44兆ウォン(約4兆3000億円)規模の投資を行う計画を発表することで、これらの成果を引き出す後押しをした。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。