Go to Contents Go to Navigation

余ったワクチンの接種 60歳以上を優先へ=韓国当局

記事一覧 2021.06.02 15:33

【ソウル聯合ニュース】韓国の新型コロナウイルス予防接種対応推進団は2日、予約キャンセルなどで余ったワクチンについて、今月19日以降も全て60歳以上への接種に回すとの方針を示した。

新型コロナウイルスワクチンの接種を受ける市民(資料写真)=(聯合ニュース)

 英アストラゼネカ製のワクチンは現在、65~74歳の高齢者と慢性呼吸器疾患の重症患者を対象に接種が行われており、19日に終了する。

 7日から始まる60~64歳と幼稚園・保育園・小学校1~2年生の教員、ケアスタッフに対する接種も同じ日に終了する。

 これらの対象者の接種予約は3日まで受け付ける。

 予防接種対応推進団のホン・ジョンイク予防接種管理チーム長は、アストラゼネカ製ワクチンが余った場合、60歳以上であれば19日以降に医療機関を訪問するか電話で予約すれば優先的に接種を受けられると説明した。

 政府は、米ヤンセンファーマのワクチンの余剰分についても60歳以上も接種を受けられるようにする方針だ。

 ホン氏は「余ったワクチンがアストラゼネカになるか、ヤンセンファーマになるかは分からない」とした上で、どちらのワクチンでも余った場合には高齢者に優先的に接種を行う予定だと述べた。 

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。