Go to Contents Go to Navigation

韓国首相 ワクチンの公平な接近が重要=「画期的に支援拡大」

記事一覧 2021.06.02 21:29

【ソウル聯合ニュース】韓国の金富謙(キム・ブギョム)首相は2日、オンラインで開催された「COVAX(コバックス)ワクチンサミット」で、「新型コロナウイルスを克服するためにはワクチンに対する公平な接近が何より重要だ」と強調した。先進国からの拠出金により途上国にワクチンを供給する枠組みのCOVAXを通じた支援について、画期的な支援の拡大を発表する方針を明らかにした。

COVAXコバックスワクチンサミットで発言する金首相(国務総理室提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 新型コロナウイルス対策に関連した支援について、韓国は約120カ国・地域に計6億ドル(約660億円)相当の防疫物資や緊急借款を提供したほか、保健・医療体制が脆弱(ぜいじゃく)な国に情報を提供するなど多国間協力に積極的に参加してきた。

 金首相は「韓国はアストラゼネカ、ノババックス、スプートニクVなど多様なワクチンを委託生産しており、主要国や企業とも緊密に協力している」とし、「バイオの能力に基づいて新たなグローバル・ワクチンハブとしての役割を果たし、国際社会のコロナ克服に寄与する」と強調した。

 この日の会合は日本とワクチン普及を進める国際組織「Gaviワクチンアライアンス」との共催。日本の菅義偉首相、オーストラリアのモリソン首相、米国のハリス副大統領らが参加した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。