Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮で今年135万トンの食糧不足も 干ばつや水害で昨年生産量減

記事一覧 2021.06.03 10:40

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮で昨年、春の干ばつや農業資材不足、水害などのあおりで穀物生産量が減少し、今年は食糧が最大で約135万トン不足する見通しだ。

コロナ禍前に北朝鮮の配給所を訪れた国際機関の共同調査団(資料写真、FAO・WFP提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国政府系シンクタンク、韓国開発研究院(KDI)が3日に公表した北朝鮮の農業・食糧状況に関する報告書によると、北朝鮮の昨年の穀物生産量は440万トンで、前年比24万トン減少したと推定される。

 このうち、コメの生産量は前年比22万トン減の202万トン、イモ類(ジャガイモやサツマイモなど)は3万トン減の54万トン、トウモロコシは1万トン減の151万トンだった。

 通常、昨年生産された穀物は今年住民に供給される。北朝鮮の年間食糧需要(575万トン)を考慮すると、今年の食糧不足分は最大で135万トンに達するとみられる。北朝鮮の穀物輸入量を年20万~30万トン、国際社会からの食糧支援規模を10万~30万トンと見積もっても、今年の不足分は70万~100万トンに上る見通しだ。

 ただ、これさえも楽観的な推定値だ。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中朝貿易が急減し、中国からの食糧輸入量は前年の27%水準の約11万トンに落ち込んだ。

 報告書は「これほどの不足は北が自力で解決できる範囲を超えている」と指摘し、中国との非公式的な食糧貿易も活性化させ、次に大規模な対北朝鮮食糧支援を中国に要請すべきだと提案した。 

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。