Go to Contents Go to Navigation

コロナワクチン2回接種後に感染 韓国で新たに5人確認=計9人

記事一覧 2021.06.03 16:25

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は3日、新型コロナウイルスワクチンの2回接種を完了したにもかかわらず感染する「ブレイクスルー感染」が国内で先月31日午前0時までの10日間で新たに5人確認され、計9人になったと発表した。接種を完了した214万3385人の0.0004%に当たる。

韓国でブレイクスルー感染が確認されている(イラスト)=(聯合ニュース)

 ブレイクスルー感染は、決められた間隔で決められた回数のワクチン接種を受けてから14日経過以降に感染が確認されたケースを指す。

 韓国では現在、2回接種が必要な米ファイザー製と英アストラゼネカ製のワクチンが使用されている。9人はいずれもファイザー製ワクチンを接種した。年齢層別では20代と30代がそれぞれ1人、50代が2人、70代が1人、80代が4人。

 同本部は、国内でのブレイクスルー感染の発生率は外国に比べて低いとしている。どのワクチンを打ってもブレイクスルー感染は起こり得るため、予防接種後もマスク着用、人との距離を取ること、十分な換気などを守ってほしいと呼び掛けている。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。