Go to Contents Go to Navigation

韓国情報機関が創設60年 新スローガン「限りない忠誠と献身」

記事一覧 2021.06.04 17:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は4日、創設60年を迎えて新しいスローガン「国家と国民のための限りない忠誠と献身」が刻まれた石碑の除幕式を開いた。除幕式には文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出席した。

国情院の新しいスローガン(大統領府提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 国情院は2016年から「音のない献身、ただ大韓民国の守護と栄光のために」とのスローガンを使ってきた。

 「国家と国民のための限りない忠誠と献身」は国情院の5番目のスローガンで、同院は昨年12月の国情院法改正後、スローガンとエンブレムの変更を進めてきた。

 国情院の前身、中央情報部は1961年に創設。37年間、「われわれは陰地で働き、陽地を志向する」とのスローガンを使用した。金大中(キム・デジュン)政権が発足した1998年に「情報は国力だ」に変更し、李明博(イ・ミョンバク)政権時代の2008年に「自由と真理に向けた無名の献身」になった。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。