Go to Contents Go to Navigation

韓国の空軍参謀総長が辞意 セクハラ自殺事件で

記事一覧 2021.06.04 14:50

【ソウル聯合ニュース】韓国空軍の女性下士官が上官からセクハラを受けたと訴え、自殺したとされる事件が波紋を広げる中、李成龍(イ・ソンヨン)空軍参謀総長が4日、辞意を表明した。

李成龍・空軍参謀総長(空軍提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 李氏は「一連の状況について重い責任を痛感する」として謝罪。「故人に深い哀悼の意を表し、遺族に心からお詫び申し上げる」とのコメントを出した。

 女性は上官からセクハラを受けたことを3月に報告。約2カ月後の先月22日に官舎で死亡した状態で見つかった。事件を隠蔽(いんぺい)するための組織的な動きがあったとする疑いもあり、軍当局のずさんな対応を批判する声が強まっている。

 事件を受け、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は今月3日、「厳正な捜査」を指示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。