Go to Contents Go to Navigation

韓国外相 米上院代表団と面会=韓米同盟など巡り意見交換

記事一覧 2021.06.04 16:04

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は4日、来韓中の米上院議員代表団と面会し、韓米同盟、朝鮮半島問題などについて意見を交換した。

鄭長官(右から2人目)と米上院議員代表団(外交部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 鄭氏は、先月の韓米首脳会談で両国首脳が朝鮮半島の安全保障だけでなくワクチン、半導体などのサプライチェーン(供給網)、気候変動、新型コロナウイルスへの対応などでも協力を強化することで一致し、韓米同盟が名実ともに包括的、建設的、互恵的な同盟として定着したと述べた。

 代表団は、超党派の議会代表団がコロナ後の最初の海外訪問先として韓国を選択したとし、韓米同盟の重要性を強調した。

 また、先の首脳会談について、堅固な韓米同盟とグローバル協力パートナーシップを示し、非常に成功した会談だったと評価するとともに米議会も韓米同盟の発展を持続的に支持すると表明した。

 鄭氏は朝鮮半島問題だけでなく、韓国企業の米国内での活動への支援、韓国人の専門職ビザの割当枠拡大などに対する米議会のさらなる支援を要請した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。