Go to Contents Go to Navigation

APEC貿易相会合 ワクチン輸出制限措置の自粛などで一致

記事一覧 2021.06.06 09:51

【ソウル聯合ニュース】アジア太平洋経済協力会議(APEC)の貿易相会合が5日、オンライン形式で開かれ、新型コロナウイルスワクチンの輸出制限措置の自粛などコロナを巡る対応で連携していくとする共同声明を採択した。

APEC貿易相会合に参加する兪氏(産業通商資源部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 会合は11月の首脳会議を控えて行われたもので、今年の議長国はニュージーランドが務める。

 共同声明ではワクチン供給のための運送・通関などでの協力、国境間の安全な移動再開などのために協力することにした。多国間貿易体制を支持する姿勢も確認した。

 韓国から参加した兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源部通商交渉本部長はワクチン原料の円滑な輸入と輸出制限措置の自粛を強調。「韓国のバイオ医薬品の生産能力を活用し、アジア太平洋だけでなく、世界のワクチン供給拡大に寄与する」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。