Go to Contents Go to Navigation

キム・ヨナがユニセフに10万ドル寄付 コロナワクチン普及支援

記事一覧 2021.06.07 11:16

【ソウル聯合ニュース】2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子金メダリストで国連児童基金(ユニセフ)国際親善大使を務めるキム・ヨナさんが7日、開発途上国への新型コロナウイルスワクチン供給支援のために10万ドル(約1100万円)をユニセフ韓国委員会に寄付した。

キム・ヨナさん(ユニセフ韓国委員会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ユニセフ韓国委員会はキムさんの寄付金全額を、新型コロナウイルスワクチンの公平な分配を目指す国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」のワクチン供給支援に使う計画だ。

 ユニセフ韓国委員会の高額寄付者の集まり「ユニセフ・オナーズクラブ」の会員でもあるキムさんは「世界の至る所で医療システムが機能しておらず、子供たちが基本的な保健サービスも利用できないという話を聞き胸が痛んだ。新型コロナワクチンの普及とコロナ収束に少しでも力になればと思う」とコメントした。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。