Go to Contents Go to Navigation

夏休みは分散取得を 団体旅行も自粛要請=韓国政府

記事一覧 2021.06.07 21:03

【ソウル聯合ニュース】韓国の保健福祉部は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため今年の夏季休暇について、夏休みシーズン(7月末~8月初め)を避けて分散して取得し、家族単位など少人数で過ごすよう勧告した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が主宰した新型コロナ対応特別防疫点検会議で、こうした内容の対策を報告した。

韓国では6月1日から、ワクチンを接種した人は直系家族の集まりについて、現在8人となっている人数制限の対象外となった(資料写真)=(聯合ニュース)

 団体旅行は自粛を要請し、小規模のパッケージツアーなどは防疫規則を順守しているかなどを点検・管理する。

 夏季休暇の時期や滞在先を分散するため、公務員や公共機関職員の夏季休暇の取得可能期間について、開始時期を7月第1週から6月第3週に前倒し、週単位の休暇使用率を13%以下に抑える。また、2回以上に分けて休暇を使用することも勧告した

 従業員100人以上の一般企業についても休暇を分散するよう要請し、協力した企業にはインセンティブを提供する。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。