Go to Contents Go to Navigation

元サッカー韓国代表の柳想鉄氏死去 FIFAや韓日のクラブが哀悼の意

記事一覧 2021.06.08 11:11

【ソウル聯合ニュース】元サッカー韓国代表で日本の横浜F・マリノスなどでも活躍したプロサッカー・Kリーグ仁川元監督の柳想鉄(ユ・サンチョル)氏が7日、すい臓がんのため49歳で死去し、サッカー界は悲しみに包まれた。

病院の葬儀場に設けられた祭壇に置かれた柳氏の遺影=7日、ソウル(聯合ニュース)

 国際サッカー連盟(FIFA)は7日午後、ツイッターのワールドカップ(W杯)公式アカウントに柳氏の現役時代の写真を添えた追悼メッセージを掲載。「2002年のW杯韓日大会で韓国の4強入りに重要な役割を果たした」と故人をたたえながら、遺族らに哀悼の意を伝えた。

 国内外のプロサッカークラブも続々とメッセージを寄せた。

 柳氏が最後に監督を務めたKリーグの仁川はインスタグラムで「あなたの情熱を永遠に忘れません。ありがとうございます」と感謝を伝え、11~12年に柳氏が監督に就いた大田は「故人の冥福をお祈りします」と書き込んだ。Kリーグの他クラブも、大韓サッカー協会の投稿にコメントを寄せる形で追悼の意を示した。

 柳氏が1999~2000年、03~04年に選手として活躍した横浜F・マリノスはツイッターで、「昨年のホーム開幕戦で日産スタジアムに凱旋(がいせん)した際の『また皆さんとお会いしたい』という約束を実現できず残念です」と悲しみを表し、冥福を祈った。

 横浜のサポーターらは柳氏の闘病が伝えられた後、韓国語で励ましのメッセージを記した横断幕を出して力づけた。柳氏は昨年2月、ホームスタジアムの日産スタジアムを訪れ、サポーターに感謝を伝えていた。

 韓国代表チームで苦楽を共にした友人、サッカー界の後輩たちも死を悼んだ。元韓国代表の金秉址(キム・ビョンジ)大韓サッカー協会副会長は、インスタグラムに「韓国サッカーのための彼の献身と努力に感謝と敬意を表します」と書き込んだ。

FIFAが柳氏の死去に哀悼のメッセージを寄せた(ツイッターより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
金秉址氏の追悼メッセージ(インスタグラムより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。