Go to Contents Go to Navigation

ワクチン接種者 7月にも海外団体旅行可能=韓国首相

記事一覧 2021.06.09 10:29

【ソウル聯合ニュース】韓国の金富謙(キム・ブギョム)首相は9日、政府世宗庁舎で開かれた新型コロナウイルス対応の中央災難(災害)安全対策本部の会議で、「防疫状況が安定した国と協議し、ワクチン接種を終了した人に限り、早ければ7月から団体旅行を認める」との方針を示した。

中央災難安全対策本部の会議で発言する金氏=9日、ソウル(聯合ニュース)

 金首相は「国家間の移動が長い間制限されて航空と旅行業界は深刻な打撃を受け、海外旅行の再開を望む国民が増えている」と述べた上で「接種を終え、出入国時の検査で陰性が確認されれば隔離なしでの旅行が可能になると思う」との見解を示した。

 また、新型コロナウイルスを抑制している国・地域同士が隔離なしで自由往来できるよう認める「トラベルバブル」の導入を議論するとして、「海外旅行の再開は多くの国民が期待する日常回復の始まりになる」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。