Go to Contents Go to Navigation

コロナワクチン 1回目接種者きょうにも1千万人突破へ=韓国

記事一覧 2021.06.10 11:15

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスワクチンの1回目の接種を終えた人が、10日にも累計1000万人を超える見通しだ。

南西部・光州市内でワクチンの接種を受ける市民(光州市北区庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団によると、9日に1回目の接種を受けた人は56万2087人と集計された。これまでに1回目の接種を終えたのは、韓国の全人口(昨年12月時点で5134万9116人)の19.1%に当たる979万4163人となり、10日中に1000万人を突破すると予想される。

 1回目の接種者のうち、英アストラゼネカ製ワクチンの接種を受けた人は678万1289人、米ファイザー製ワクチンは301万2874人。

 2回目の接種まで終えた人は、人口の4.6%に当たる234万9485人となっている。

 一方、この日から30歳以上60歳未満の予備役兵と民防衛(民間防衛)隊員、国防・外交関係者のうち事前に予約した89万4133人(6日午前0時時点)を対象とする米ヤンセンファーマ製ワクチンの接種が委託医療機関で始まった。

 アストラゼネカとファイザーのワクチンは2回の接種が必要だが、ジョンソン・エンド・ジョンソンの製薬部門、ヤンセンファーマのワクチンは1回の接種で済む。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。