Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(6月10日)

社会・文化 2021.06.10 18:00

◇元法務次官の実刑判決破棄 審理差し戻し

 建設業者から性的な接待を受け、賄賂を受け取ったとして起訴された元法務部次官の金学義(キム・ハクウィ)被告の上告審で、大法院(最高裁)は懲役2年6カ月を言い渡した二審判決を破棄し、審理をソウル高裁に差し戻した。証人が供述を翻して金被告に不利な供述をしたのは捜査機関の懐柔があったためとする主張に対し、検察側が懐柔がなかったことを立証しなかったと判断した。

金学義被告(資料写真)=(聯合ニュース)

◇コロナワクチン1回目接種者 1千万人突破

 政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団によると、10日午前11時までに1回目の接種を受けた人は1006万705人となった。韓国の全人口(昨年12月時点で5134万9116人)の約19.6%に当たる。政府は9月までに少なくとも3600万人への1回目接種を終え、11月に集団免疫を獲得することを目標としている。

◇光州の建物倒壊事故に文大統領が遺憾の意 徹底した調査指示

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は南西部の光州市で9日に解体工事中の5階建ての建物が倒壊した事故について、行政安全部長官と光州市長から報告を受け、迅速かつ徹底した事故調査を行うとともに厳正に責任の所在を解明するよう指示した。同事故では市内バスが建物の下敷きになって17人の死傷者が出ている。

◇国防相が空軍セクハラ事件で再度謝罪 軍司法制度改善にも言及

 徐旭(ソ・ウク)国防部長官は国会法制司法委員会に出席し、空軍の女性下士官が上官からセクハラを受けたと訴え、自殺したとされる事件について「ご遺族の皆様に取り返しのつかない傷と痛みを残してしまい、国民の皆様にもご心配をおかけした。非常に申し訳なく、重い責任を痛感する」と謝罪した。同氏は前日の国会国防委員会でも同様の謝罪の言葉を述べている。

◇次期大統領選候補の支持率 前検事総長が35%で最高更新

 世論調査会社、リアルメーターが発表した調査結果によると、次期韓国大統領にふさわしい人物として前検事総長の尹錫悦(ユン・ソギョル)氏が2週前の前回調査より4.6ポイント上昇した35.1%の支持を得て、同社調査で過去最高を更新した。これまでは3月の34.4%が最高だった。尹氏は野党陣営の大統領候補の一人と目されている。革新系与党「共に民主党」所属で京畿道知事の李在明(イ・ジェミョン)氏の支持率は前回調査比で2.4%下落した23.1%となった。

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。