Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(6月11日)

社会・文化 2021.06.11 10:00

◇新型コロナ防疫レベルと5人以上の集合禁止 3週間延長

 中央災難(災害)安全対策本部は11日、新型コロナウイルスの防疫対策「社会的距離の確保」の現行のレベルと5人以上の私的な集まりの禁止措置を7月4日までさらに3週間延長する方針を発表した。社会的距離の確保の現行のレベルは首都圏が上から3番目の第2段階、首都圏以外は同4番目の第1.5段階で、2月15日に実施されてから7回延長され、4カ月にわたり同じレベルが維持されることになった。

「社会的距離の確保」の現行のレベルがさらに3週間延長される=(聯合ニュースTV)

◇来週にも7~9月のワクチン接種計画発表 優先順位付けに苦心

 政府は早ければ来週にも新型コロナウイルスワクチンの7~9月の接種計画を発表する予定で、接種の対象と人数、用いるワクチンの種類などを具体化する作業を進めている。ワクチン接種が始まってから105日目となる今月10日、1回目の接種を受けた人は累計1000万人を超え、全人口の20%近くとなった。政府は7月以降、50代以下の一般の人たちへの接種も順次拡大し、9月末までに3600万人、約7割の国民の1回目接種完了を目標に掲げている。一方、関係官庁や自治体、団体などからは特定の集団、職業、地域を優先させるよう求める声が殺到している。政府は優先接種の必要性や効果などを検討した上で最終的な計画を確定する予定だ。

ワクチン接種を受けるため病院で順番を待つ市民=10日、ソウル(聯合ニュース)

◇野党「国民の力」がきょう新執行部選出 代表は誰に

 保守系最大野党「国民の力」が11日に党大会を開催し、党代表と最高委員4人、青年最高委員1人を選出する。同党は昨年4月の総選挙の惨敗を受け、1年余りにわたり非常対策委員会体制を取ってきたが、新執行部を発足させて2022年3月の大統領選挙で政権奪還を目指す。先月末に行われた党代表選の予備選では、国会議員の経験がない30代の李俊錫(イ・ジュンソク)氏が前国会議員の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)氏らベテランを抑えてトップとなる番狂わせを起こしている。

◇住宅価格の上昇 天井知らず

 政府系機関の韓国不動産院の統計によると、全国の住宅価格は19年9月から21年5月まで21カ月連続で上昇し、今月も上昇傾向が続く。ソウルでは20年6月から21年5月まで12カ月連続で上がり、週次ベースの上昇率も高水準となっている。政府はこれまで住宅ローン審査の厳格化や複数の住宅所有者への増税、さらには大規模な住宅供給計画発表と、立て続けに不動産対策を打ち出しているものの、価格高騰が収まる気配は見えない。専門家の多くも上昇に歯止めをかける材料がないという見方を示す。

最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。