Go to Contents Go to Navigation

韓国政界に衝撃 議員経験ない36歳が最大野党代表に

記事一覧 2021.06.11 11:35

【ソウル聯合ニュース】韓国で11日、保守系最大野党「国民の力」の代表に国会議員の経験がない36歳の李俊錫(イ・ジュンソク)氏が選ばれ、政界に衝撃が走っている。

李俊錫氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 李氏は2011年、朴槿恵(パク・クネ)前大統領に同党の前身、ハンナラ党の非常対策委員会委員に抜てきされ、政界入りした。米ハーバード大卒で、低所得層の学生を対象に無料で教育サービスを提供するベンチャー企業家という経歴が注目を集めた。

 12年の大統領選で朴氏を支援し、「朴槿恵キッズ」とのあだ名がつけられた。

 朴氏が弾劾に追い込まれた際は離党、「正しい政党」に入党。17年の大統領選は同党の劉承ミン(ユ・スンミン)氏を支援した。

 16年の総選挙と18年の国会議員補選、20年の総選挙でソウル市蘆原区の選挙区から出馬したが、いずれも落選。それでも、ケーブルチャンネルを中心に活発にテレビ出演を行い、強気の言動で知名度を高めた。

 20年の総選挙を控え、保守系政党の合併で発足した「未来統合党」(現・国民の力)で執行部入り。今年4月のソウル市長選では呉世勲(オ・セフン)候補陣営でニューメディア本部長を務めて20代男性からの圧倒的な支持を引き出し、当選に貢献した。

 今回の党代表選では選挙事務所、選挙カー、携帯電話のショートメッセージを使わない「3無戦略」という型破りの選挙運動を展開。交流サイト(SNS)を通じ、支持者と直接意思疎通した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。