Go to Contents Go to Navigation

32年五輪の南北共同招致実現できず 韓国外交部「非常に残念」

記事一覧 2021.06.11 15:06

【ソウル聯合ニュース】国際オリンピック委員会(IOC)が2032年夏季五輪・パラリンピックの開催地にオーストラリア・ブリスベンを事実上決めたことについて、韓国の外交部当局者は11日、「南北共同招致が朝鮮半島の平和と南北協力の契機になることを望んできた」として、「非常に残念に思う」と述べた。

韓国外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、「南北のスポーツを通じた協力、首脳間合意の精神を引き継ぐため、さまざまな契機を探る努力を続けていく」と述べた。

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が2018年の首脳会談で署名した平壌共同宣言には32年五輪の共同招致に向けて協力するとの内容が盛り込まれた。

 南北はIOCにソウル・平壌五輪開催を目指す方針を伝えたが、IOCは開催候補都市をブリスベンに一本化し、7月21日に東京で開かれる総会で提案すると表明。南北共同招致の実現可能性は消えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。