Go to Contents Go to Navigation

昨年の交通事故死者3081人 29年で約4分の1に=韓国

記事一覧 2021.06.14 15:11

【ソウル聯合ニュース】韓国道路交通公団は14日、1965年から昨年までの統計を分析した結果、昨年の交通事故死者数は3081人で、1991年に記録した過去最多(1万3429人)の4分の1程度だったと発表した。

韓国の交通事故死者数の推移。91年の1万3429人から13年で6563人に、さらに16年後には3081人に減少した(道路交通公団提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 交通事故死者数が、最高値の4分の1程度に減少するまでにかかった期間は29年で、比較が可能な経済協力開発機構(OECD)加盟国の主な15カ国のなかで最も短い。道路交通公団によると、日本は42年、ドイツは39年、スイスは34年かかったという。

 公団関係者は「政策の方向が車両・速度から人・安全中心に変化したことが死亡者減少の成果として表れた」と話した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。