Go to Contents Go to Navigation

全祝日を振り替え休日の対象に 韓国与党が改正案

記事一覧 2021.06.15 15:08

【ソウル聯合ニュース】韓国の与党「共に民主党」は今月の臨時国会で、秋夕(中秋節)と旧正月、こどもの日のみとなっている振り替え休日の指定対象を別の祝日にも拡大する内容を盛り込んだ「代替公休日法」の改正案を成立させる方針を決めた。

国会で開かれた党の会議で発言する尹氏(中央)=15日、ソウル(聯合ニュース)

 改正案が成立すれば、今年下半期に土日と重なる祝日の光復節(8月15日)、開天節(10月3日)、ハングルの日(10月9日)、クリスマス(12月25日)で振り替え休日が設けられる。

 共に民主党の尹昊重(ユン・ホジュン)院内代表は党の会議で、韓国人労働者の勤労時間が経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち2番目に長いことに言及した上で、「振り替え休日は逆らえない時代的な要求」と強調。「振り替え休日を指定する場合、全体的な経済効果は4兆2000億ウォン(約4135億円)に達し、約3万6000人の雇用創出効果もあるとの調査結果がある」とし、「国民の休息権を保障するとともに、内需を刺激し雇用も創出するウィンウィン戦略」と述べた。

 同党所属の徐瑛教(ソ・ヨンギョ)国会行政安全委員長によると、11日から2日間、全国の18歳以上の1012人を対象に実施した調査で回答者の72.5%が振り替え休日の指定拡大に賛成した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。