Go to Contents Go to Navigation

BTS事務所親会社の株価 3万円台に迫る=時価総額1兆円突破

記事一覧 2021.06.15 20:55

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)の所属事務所の親会社、HYBE(ハイブ)の株価が韓国有価証券市場で連日最高値を更新し、30万ウォン(約2万9500円)に迫っている。

6日に中国・北京で開催されたイベントに参加したBTSのファン(資料写真)=(聯合ニュース)

 15日のHYBEの株価は前日比2.48%(7000ウォン)高の28万9000円で取引を終えた。

 10日の終値が初めて27万ウォン台(27万2500ウォン)を記録してから4日連続で続伸し、最高値を更新。韓国取引所に上場した昨年10月15日の終値、25万8000ウォンも大幅に上回った。

 現在の株価は最安値となった10月30日(14万2000ウォン)と比べると2倍を超え、今年に入って80.6%急騰した。

 株価の上昇に伴い、時価総額は14日に終値ベースで初めて10兆ウォンを超え、15日には10兆2953億ウォンまで上昇した。

 最近は外国人投資家からの人気が高く、上場当時は3.62%だった外国人投資家の持ち株比率は11.15%まで上昇した。

 株価の上昇は何よりも「BTS効果」によるものと分析される。

 先月21日に公開されたBTSのデジタルシングル「Butter」の動画投稿サイト「ユーチューブ」での再生回数は1日で1億回を突破し、米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で3週連続1位を記録するなど、新型コロナウイルスの影響を脱してBTS効果が再び目に見える形で表れている。

 ユジン投資証券とSK証券は先月末に発表したレポートでHYBEの株価の目標額を35万ウォンとし、ハナ金融投資は36万ウォンを提示した。

 ユジン投資証券の研究員は、BTSが今月13、14の両日に開いたオンラインファンミーティングに言及。下半期に少なくとも2回のオンラインコンサート開催が可能だとした上で、「観客動員力が上昇を続けているため、ファンミーティングのチケットだけで少なくとも200億ウォン以上(の売上高)は容易に達成できる」との見通しを示した。

 SK証券の研究員は「HYBEは昨年、公演産業が大きな打撃を受けた中でも、BTSの持続的な人気などで売上高7963億ウォン、営業利益1424億ウォンと過去最高の業績を記録した」とし、「対面での公演再開などで2022年には3200億ウォン以上の営業利益を記録するだろう」と予想した。

 HYBEの株価が30万ウォンを上回ったのは、上場当日の取引時間中に35万1000ウォンを記録したのが最初で最後だ。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。