Go to Contents Go to Navigation

新型コロナワクチン 7~9月期は50代から接種開始=韓国

記事一覧 2021.06.16 18:39

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長は16日、国会保健福祉委員会の全体会議に出席し、7~9月期の新型コロナウイルスワクチン接種計画について「50代を対象に接種を開始する。残りの年齢層は8月ごろから接種が可能だろう」と述べた。

国会保健福祉委員会の全体会議に出席した鄭庁長=16日、ソウル(聯合ニュース)

 ワクチンの種類については「供給状況や時期を考慮し毎月決定する予定」と説明した。

 また、「40代は8月に接種を受けることができるか」との質問に対し「そのように予測している」と答えた。7月中に50~59歳の一般人を対象に接種を行い、8月から満18~49歳の一般人の接種を実施するとみられる。

 政府は17日に7~9月期の新型コロナワクチン接種計画を発表する予定だ。9月までに国民の70%に当たる3600万人に対する1回目の接種を完了し、11月に集団免疫を獲得するのが政府の目標だ。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。