Go to Contents Go to Navigation

韓国・スペイン 「戦略的パートナー関係」に格上げ

記事一覧 2021.06.16 22:06

【マドリード、ソウル(共同取材団)聯合ニュース】スペインを国賓訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日(現地時間)、マドリードでサンチェス首相と首脳会談を行い、両国関係を「戦略的パートナー関係」に格上げすることで合意した。

首脳会談の様子=16日、マドリード(聯合ニュース)

 両首脳は、両国の未来志向的な協力強化のビジョンと意志を盛り込んだ「韓国・スペイン戦略的パートナー関係に関する共同声明」を採択し、政務・外交、世界平和・安保、経済、科学技術・革新、文化・教育・スポーツ・人的交流など6分野の協力を拡大することで一致した。

 また、両国の貿易・投資規模を新型コロナウイルス発生前の水準に回復させることでも一致した。両国の貿易額は2019年の54億ドル(約6000億円)から昨年は42億ドルに減少し、投資規模は50件(4億9000万ドル)から30件(4億1000万ドル)に減った。

 両国は、第三国市場への共同進出拡大も模索することにした。建設・インフラ分野で、中南米やアジアなどの市場への共同進出が積極的に推進される見通しだ。

 両首脳は、外交・対話を通じた朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和定着に向けた意志を共同声明を通じて再確認した。北朝鮮を含む国際社会の国連安全保障理事会決議の完全な履行を促し、南北対話への関与・協力の重要性を強調した。

 韓国青瓦台(大統領府)は「首脳会談を通じて朝鮮半島平和プロセスに対するスペインの支持を再確認した」と説明した。

 このほか両首脳は、新型コロナウイルスワクチンの十分な生産と公平な分配を支持し、2050年までに炭素中立(カーボンニュートラル)を実現する目標の達成や再生可能エネルギー分野での協力に向けた連携を強化することで合意した。

 一方、両国は今回の首脳会談を機にデジタル・高付加価値産業での協力拡大とスタートアップの交流促進に関する了解覚書(MOU)や太陽光・洋上風力発電などクリーンエネルギー分野での協力拡大に関するMOUなど、2件の協定と3件のMOUを締結した。

hjc@yna.co.kr

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。