Go to Contents Go to Navigation

韓国経済団体 ソニーや富士通など日本のESG経営を参考に

記事一覧 2021.06.18 09:20

【ソウル聯合ニュース】韓国の経済団体、全国経済人連合会(全経連)は18日、ESG(環境・社会・企業統治)経営で高い評価を受けている日本企業の取り組みを紹介する報告書を公表し、「日本の事例を積極的に参考にする必要がある」と促した。

全国経済人連合会のロゴ(資料写真)=(聯合ニュース)

 報告書は、日本の売上高上位100社のうち、ESGリスク管理を評価するMSCI ESG格付けで最上位ランクのAAAを獲得しているソニー、富士通、伊藤忠商事、KDDI、住友化学の事例を取り上げた。

 ソニーグループは企業倫理の管理が徹底しているという。ホットラインを24時間体制で運用し、必要な場合は調査した上で措置を取っている。富士通には独自の環境配慮技術の発展に向けた社内表彰制度がある。

 伊藤忠商事は社員の健康管理に力を入れている。アクションプランを立てて測定可能な指標を通じ成果を点検するシステムを運用中だ。KDDIは情報セキュリティー対策を重視し専門の委員会を置いている。住友化学は炭素排出管理として再生可能エネルギー、水素関連の技術開発やエネルギー活用の効率化などに取り組んでいる。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。