Go to Contents Go to Navigation

韓国原子力研究院に北朝鮮がハッキング攻撃か 「調査中」

記事一覧 2021.06.18 11:51

【ソウル聯合ニュース】韓国の国会情報委員会に所属する最大野党「国民の力」の河泰慶(ハ・テギョン)議員は18日、自身のフェイスブックで韓国原子力研究院に関する資料を公開し、同院が北朝鮮からハッキング攻撃を受けたと主張した。同院は原発・核原料の中核技術を持っている。

国会で記者会見を開き、ハッキングについて説明する河氏=18日、ソウル(聯合ニュース)

 資料によると、先月14日、承認を受けていない13個のIPアドレス(ネット上の住所)が韓国原子力研究院の内部システムに無断で接続した。IPアドレスを追跡した結果、一部が北朝鮮偵察総局所属のハッカー組織「kimsuky」のサーバーとつながっていることを確認したという。

 また、IPアドレスの一部は文正仁(ムン・ジョンイン)前大統領統一外交安保特別補佐官の電子メールIDを使った痕跡も確認したという。

 河氏は「もし北に原子力技術など国の中核技術が流れたら、2016年の国防ネットワークハッキング事件と並ぶ大きなセキュリティー事故になる」と述べた。

 韓国原子力研究院側はハッカーが内部システムに侵入したのは事実だが、北朝鮮の犯行かどうかや資料が盗み出されたかどうかは調査中のため、確認できていないと明らかにした。また、「どのような情報にアクセスしたかを調査中」とし、「セキュリティー措置を強化した」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。