Go to Contents Go to Navigation

来月から防疫措置緩和 首都圏は6人まで集まり可能

記事一覧 2021.06.20 15:21

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が来月1日から防疫措置を緩和する。首都圏は私的な集まりが6人まで可能になる。

韓国南西部・光州市は18日から私的な集まりの人数制限を4人から8人に拡大した。来月から新型コロナウイルスの防疫対策「社会的距離の確保」の改編案が適用されるのを前に、江原道と慶尚北道、全羅南道などが8人までの私的な集まりを認める改編案を試験適用している。特別市と広域市のうち、改編案を試験適用するのは光州市が初めて。同市内の飲食店で食事する市民=18日、光州(聯合ニュース)

 金富謙(キム・ブギョム)首相は20日、政府ソウル庁舎で開いた中央災難(災害)安全対策本部の会議で、こうした指針を発表した。

 これによると、首都圏は段階的に緩和し、7月1日~14日は6人まで私的な集まりを認め、15日以降は8人まで可能とする。現在は4人まで。首都圏以外は、1日から人数制限がなくなる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。